格安航空券にありがちな誤解とは

- 格安航空券にありがちな誤解とは

格安航空券にありがちな誤解とは

格安航空券というと安全性に問題があるだとか、サービスが劣るといった思い込みを持っている方も少なくありませんが、それは大きな勘違いになります。

固定観念はせっかくお得に利用できる飛行機のチケットを手に入れる機会を奪ってしまうことになります。ここでは格安チケットの間違った誤解について紹介します。

旅行会社からと航空会社からとでは質が違っていると思っている

格安チケットといえば旅行会社から購入できるITチケット。他にも早割などが適用される航空会社から購入できるPEXチケットが有名ですね。

こういった場合、旅行会社<航空会社といった思い込みを抱き、旅行会社から購入したチケットはサービス内容などが違ってくると思いがちです。

しかし条件が同じであれば、格安サイトから購入しようと旅行会社のホームページから購入しようと、航空会社から直接購入しようと商品が劣るといったことは一切ありません。

そうであるなら、最安値をしっかりと比較して一番安いものを選択するようにしましょう。質が違うというのは大きな間違いですから、ただの思い込みということを覚えておきましょう。

制約を受けても値段はそこまで変らない

例えば購入後に往路などの日付変更などができないなどと規制を受けるとしても、値段はさほど変らないから損だという考えを持っている方もいらっしゃいますね。

これも大きな間違いです。航空チケットの場合、制約が多くなればなるほどにチケット料金は安くなっていきます。

日付変更の付加や変更手数料が高いチケットは多いですし、天候等による欠航以外の払い戻しが不可といった制限。

他社便への変更不可だったり、チケット購入期限が設けられている等々。これらの制限が多ければ多いほどに航空チケットはどんどん安くなりますから覚えておきましょう。

安かろう悪かろうとは限らないのが格安チケット

このようにどこから購入するのかによってサービス内容などが違うといった思い込みを格安チケットに持っていること。制限が多くてもそこまで値段に反映されないといったことは勘違いです。

このように何の根拠もないような噂を本当のことと信じ込んてしまっている方も少なくありません。LCCの安全性なども噂が非常に多く出回っていますから、嘘の情報に惑わされず正しい情報を入手し上手に活用していきましょう。

同じ条件で利用できるのであれば、わざわざ高い飛行機のチケットを利用するだけ損というものです。

関連記事: